測量士の業務内容とは何?

測量士とは?

測量士(そくりょうし)とは、日本において測量業者に配置が義務づけられている国家資格(業務独占資格)です。測量法に基づき、国土交通省国土地理院が所管しています。測量士は、測量業者の行う測量に関する計画を作製し、または実施します。測量士補は、測量業者の作製した計画に従い測量に従事します。

一般的に、測量業者の行う基本測量または公共測量に従事する測量技術者は、測量法に定めるところにより登録された測量士又は測量士補である必要があります。また、測量業者はその営業所につき、1人以上の有資格者を設置する事が測量法により規定されています。

測量士の資格

文部科学大臣の認定した大学、短期大学、又は高等専門学校において、測量に関する科目を修め、当該大学等を卒業し、測量に関し実務経験(※大学は1年以上、短大・高等専門学校は3年以上)を有する者。

国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設において1年以上測量士補となるのに必要な専門の知識及び技能を修得し、測量に関して2年以上の実務経験を有する者。

測量士補で、国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設において、高度の専門の知識及び技能を修得した者。

国土地理院が行う測量士試験に合格した者。

のいづれかになります。

測量業者の登録について

測量業を営もうとする者は、個人・法人の別を問わず、測量法の定めるところにより、営業所ごとに1名以上の測量士を置き、国土交通大臣に申請して測量業者としての登録を受けなければなりません。登録の有効期間は5年で、引き続き測量業を営む場合には更新の登録を受ける必要があります。日本標準産業分類によれば、土木建築関連のサービス業という分類に測量業があります。それによると、「基準点測量、地図を作成するための測量、土木測量、河川測量、境界測量などの専門的なサービスを提供する事業所をいう」となっています。

測量業者の業務内容

主に国土地理院が行う基本測量、測量に係る費用の一部または全部を地方公共団体等が負担する公共測量、基本測量及び公共測量以外の測量に分類されます。このうち、基本測量及び公共測量以外の測量とは建物に関する測量その他の局地的測量又は小縮尺図の調製その他の高度の制度を必要としない測量で政令で定めるものを除くと規定されています。基本測量、公共測量、基本測量及び公共測量以外の測量を請け負う営業を測量業と定め、測量業の登録を受けなければならないとされています。

測量方法について

測量方法は、下記のように分類されます。

三角測量
多角測量
汎地球測位システム測量
水準測量
地形測量
写真測量

資格試験の一部免除や、任用資格について。

・土地家屋調査士午前試験免除

・測量士補も同様。登録の必要はない。

・職業訓練指導員(測量科)科目免除

・測量士補も同様だが、登録している必要がある。

・予備自衛官補任用資格

・測量士補も同様だが、登録している必要がある。

以上測量士の業務内容などのまとめでした。測量器は、測量器買取販売サイトもしくは販売店で購入しましょう。